過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

消費者金融からお金を借りることのデメリット

消費者金融は融資スピードが速く、無担保・無保証で借りられるところは大きなメリットです。しかしメリットもあればデメリットもあるのが世の常。消費者金融にも少なからずデメリットがあるので、借りる前にその点を確認しておきましょう。

 

銀行より利息が高い

 

消費者金融といえば銀行で借りるより審査基準が甘く、誰でも気軽に借りやすいという点は大きなメリットです。しかしその一方、銀行よりも高い利息をとられることはデメリットになります。

 

 

この利息が高いということは、思いのほか借り手に負担を強いるものとなりますので、借金する前に利率をよく見ておかなければなりません。まず、利息が高いことによる悪影響を一つ一つ見ていきましょう。

 

 

一つの問題は、返済が当初の予定より長引いてしまう可能性があることです。これは特に元本のことだけを考えて、利息のことをよく考えていなかった場合に起こるのですが、利息が思ったよりも高くて払えず、利息分の支払いが遅滞するなどして返済が長期化してしまうことがあります。

 

 

高金利を甘く見ているとすぐにこうした事態を招いてしまうので、金利計算を行っておくことはもちろん、あらかじめ綿密な返済計画を立てておかなければなりません。

 

 

借金を遅延すれば、遅延損害金を支払う必要も出てくるので、そうなるとますます借金が膨らんで返せなくなってしまいます。よって、銀行よりも高い消費者金融の利息は決して甘く見てはなりません。

 

 

消費者金融から借りるときは、利率の計算をするだけでは不十分です。むしろ、その計算に基づいて、どのように返済していくかという返済計画を立てておくことが求められます。

 

 

この計画が中途半端であったりよく詰められていないと、元金がなかなか減らないこともあるので注意してください。どんな風に注意できるかといえば、借りる前に返済シミュレーションを行っておくことです。

 

 

 

最近は貸金業者のホームページでもこれを行うことができ、借金総額や利率を入力して返済の仕方をシミュレーションすることができます。これを行うか行わないかで返済の安全性がかなり違ってくるので、必ず利用しましょう。

 

 

また、シミュレーションは無料で誰でも利用できるので、その点でもぜひ利用しておくべきです。なお、消費者金融からお金を借りることのデメリットには、イメージの問題もあります。

 

 

つまり、銀行からお金を借りても社会的イメージはそれほど悪くなりませんが、消費者金融から借りるとイメージや信用が落ちてしまう可能性があることです。

 

 

これはまったくの偏見としかいいようがありませんが、まだまだこうした偏見が根強くあることも意識しておくべきでしょう。もちろん、消費者金融からお金を借りたことを周囲に知られないようにする方法はいくつもあります。

 

 

知らない間に過払い金が増える可能性

 

消費者金融からお金を借りるデメリットは、他にもあります。それは、知らない間に過払い金が増えてしまう可能性があることです。過払い金とは、貸金業者に払い過ぎた利息のこと、本来は法的に支払う必要のないお金のことをいいます。

 

 

消費者金融からお金を借りるときは、このことにも注意しなければなりません。そんなもの、あらかじめ利率を計算しておけば大丈夫じゃないかと思われるかもしれませんが、話はそう単純ではありません。

 

 

これは前もって法律の知識を備えておき、金利計算も専門的にできる人であれば大丈夫ですが、その点で知識や経験がないと簡単に過払い分を見過ごしてしまうのです。

 

 

そんなこと信じられないと思うかもしれませんが、未払いの過払い金が日本国内だけで約35兆円もあるといわれていることを考えれば、いかに過払い金が見過ごされているかが分かります。それほど、過払い金を見つけることは普通の人には難しいことなのです。したがって、債務者はこの点を注意しなければなりません。

 

 

どう注意するかというと、貸金業者が請求してくる違法金利を見破ること、また定期的に取引履歴の開示請求を行い、過払い金がないかどうかをチェックしておくことです。

 

 

 

利率に関しては利息制限法で合法的な金利が定められているので、それを勉強したうえで取引履歴の開示請求を行い、これまでの借金の中に過払い金が発生していないかどうかを確認することができます。

 

 

そしてもし過払い金があることが分かったら、請求して過払い分を返還してもらうことができます。もちろんこうした手順は、全て自分一人で行うことができます。ただし、不安がある人、またより確実に返還してもらいたいと考える人は、債務整理に詳しい弁護士に頼むといいでしょう。

 

 

弁護士なら専門的知識と経験を駆使して、効率よくスピーディーに問題解決を図ってくれます。しかも、依頼者本人は何もしないで、ただ任せるだけで過払い金請求の手続きを見守ることができます。

 

 

いったん依頼したら、後は返還がなされるのを待つだけです。もちろん、弁護士への基本報酬や成功報酬は支払わなければなりません

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

現在の日本の過払い金の現状はどうなっている?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
借金を減らす喜びを知ろう!
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
現在の借金・キャッシングの金利事情について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
違法金融会社の現状について知っておきたい事
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金には時効は存在するのか?対策方法は?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金の請求をするとクレジットカードが使えなくなる?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
返済中に過払い請求したらブラックリストとして認識されるのか?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
一般的なクレジットカードでも過払い金の請求・返還は出来る?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。