現在 借金 金利事情

現在の借金・キャッシングの金利事情について

キャッシングを利用するときは、過払い金が発生することに注意しなければなりません。過払い金は貸金業者が違法金利を請求することで発生しますが、それに債務者が気付くためには、キャッシングの金利事情の変化や、自分の現在の借金について把握しておかなければなりません。

 

 

金利事情は変化する

 

キャッシングで過払い金が発生することを防ぐためには、金利事情が絶えず変化していることに注意を払わなければなりません。なぜなら、知らない間に金利の上限が法律で引き下げられているのに、前の金利をそのまま支払ってしまう可能性もあるからです。

 

 

法律で金利の上限が変わったのに、前の金利を請求することは明らかな違法金利ですが、この違法を無視して貸金業者が高金利を請求し続けることがあるので、利用者はこれに注意しなければなりません。

 

 

そして、この金利事情の変化に利用者が気付かないことによって、過払い金がどんどん増えていくことになります。まして借金が複数あるなど複雑になればなるほど、金利計算が難しくなって過払いを見つけるのが難しくなります。

 

 

したがって、いつも最新の金利事情に精通しておくことをお勧めします。法律に関して知っておきたい基本的な知識では、利息制限法と出資法の違い、またそれらが統合されて改正貸金業法が成立したことを覚えておいてください。

 

 

 

これは簡単にいえば、以前は利息制限法と出資法の両方で定められていた金利が併用されていましたが、今はそれが統合されて、今は利息制限法で定められた上限金利が用いられるようになりました。

 

 

この法改正は2006年に行われましたが、それによって金利の計算法も変わったことを知らなければなりません。ちなみに、利息制限法では金利の上限を15%〜20%に定めています。この範囲を超える金利を支払った場合は、過払い金とみなされます。

 

 

また、もし法律で定められた制限を越える範囲で金利を請求した貸金業者は、違反に問われ刑罰が科せられます。早い話、制限を越える金利は違法であり、それに対して返還を求める権利も利用者には与えられています。

 

 

ただし、違法があったかどうか、つまり自分の借金返済に過払い金があったかどうかを特定するためには、いくつかの手順を踏まなければなりません。

 

 

借金の件数が多いほどこれが分かりづらくなるので、過払い金を特定する方法について学んでおきましょう。過払い金を特定するためには、現在の自分の借金を確かめること、そしてこれまでの取引履歴を調べることです。

 

 

状況確認を行って過払い金の有無を確かめる

 

自分に過払い金があるかどうかを調べるためには、現在の状況を正確に把握する必要があります。今、現在の自分の借金について、その総額、返済額、そして現在のキャッシングの金利事情、法律上の変化、金利上限、取引履歴です。

 

 

こうした要素を一つ一つ確認することで状況の把握ができますが、状況が分かれば過払い金の有無を確認することもできます。状況確認で特にキーパーソンとなるのは、取引履歴の確認です。

 

 

これは、今までに自分がどのぐらいのお金を貸金業者に支払ったかを確認するために必要な資料となりますが、これを調べるのが簡単ではないのです。

 

 

というのは、取引履歴は債務者が貸金業者に開示請求することでオープンになるのですが、この開示請求にどこの業者も素直に応じてくれるとは限らないのです。ある場合には、いろいろな理由をつけて開示を渋ることもありますし、一部だけを開示して他は開示しないという業者もあります。

 

 

この取引履歴をできるだけ正確に把握しなければ過払い金の存在を証明することができませんが、その開示請求が難しいという点がネックになっているのです。

 

 

 

ちなみに、取引履歴の開示さえなされれば、後はそれをベースに利息制限法に照らしながら金利の引き直し計算を行うことで過払い金が分かるので、物事はスムーズに運びます。よって、取引履歴をいかに素直に開示させるか、ここが過払い請求の最大のポイントになります。

 

 

ではどのようにして開示させるかといえば、法律の知識や弁舌を駆使して交渉を行い、相手を納得させることです。しかるべき理由を提示すれば相手も開示せざるを得ませんが、そうするために巧みな交渉術を駆使するのです。

 

 

誰が交渉を行うかといえば、すでに過払い請求を一人で行った経験を持つ人なら、自分一人で交渉を行い履歴を開示させることができるかもしれません。

 

 

しかし未経験者の場合は、法律の知識もなく交渉の進め方も知らないので、法律のプロに任せたほうが無難でしょう。例えば、弁護士や司法書士に請求を任せれば、専門知識と実績を生かして手際よく交渉を行ってくれます。

 

 

特に過払い請求の難関といわれる取引履歴の開示請求と金利の引き直し計算についても、法律のプロなら効率のよい仕方で交渉を行い情報を開示させ、金利の計算も素早く行います。依頼者は、過払い金の20%程度にといわれる報酬金を用意して、あとは交渉の行方を見守るだけです。

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。

関連ページ

現在の日本の過払い金の現状はどうなっている?
現在の日本の過払い金の現状はどうなっている?についてまとめています。
借金を減らす喜びを知ろう!
借金を減らす喜びを知ろう!についてまとめています。
消費者金融からお金を借りることのデメリット
消費者金融からお金を借りることのデメリットについてまとめています。
違法金融会社の現状について知っておきたい事
違法金融会社の現状について知っておきたい事をまとめています。
過払い金には時効は存在するのか?対策方法は?
過払い金には時効は存在するのか?対策方法は?についてまとめています。
過払い金の請求をするとクレジットカードが使えなくなる?
過払い金の請求をするとクレジットカードが使えなくなる?についてまとめています。
返済中に過払い請求したらブラックリストとして認識されるのか?
返済中に過払い請求したらブラックリストとして認識されるのか?についてまとめています。
一般的なクレジットカードでも過払い金の請求・返還は出来る?
一般的なクレジットカードでも過払い金の請求・返還は出来る?についてまとめています。