過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

返済中に過払い請求したらブラックリストとして認識されるのか?

過払い金の請求をすることで気になるのが、ブラックリストに記載されるのかという点です。ブラックリストとは現実には存在しませんが、個人信用情報における事故情報がそれに近いものだと考えてください。

 

 

個人信用情報とは、その人の経済的な信用度を見るための情報であり、個人情報に加えて年収や勤務先などのデータがまとめられたものです。借金があるのなら、その返済状況やどこの会社からいくら借りているのかなども記載されています。

 

 

 

 

この情報はそれぞれの金融機関で共有しているものであり、各業種ごとにお金を出し合って情報を管理する第三者機関を設置しているのです。この第三者機関のことを個人信用情報機関と呼んでいます。ちなみに、この個人信用情報ですが勝手に収集されたものではありません。

 

 

各種ローンであったり、クレジットカード、キャッシングなどの申込をした時のデータが収集されているのです。
良く見ると申込書には個人信用情報にデータ共有することに同意する旨の記載があるはずです。

 

 

過払い金請求においてブラックリストする理由を知ろう

 

そもそも過払い金請求が行われ始めた頃というのは、どんな状況であっても請求すれば事故情報が記載されていました。事故情報とは返済の遅延や延滞、債務整理などを行った時に記載されるものです。

 

 

この事故情報が記載されてしまうと、他社で何かしらの申込をした場合にかなり不利な判定を受けることになります。一般的には利用者側の責任で情報が記載されてしまいますので、その点は納得ができるという人も多いでしょう。

 

 

しかし、過払い金請求については別だと考えることができます。特に完済している分への請求については、そもそも支払う必要がなかったお金を返してもらっているだけであり、これを事故情報とするのは無理があるでしょう。こうした判断から現在では、完済済みの過払い金請求については、事故情報が記載されないようになっています。

 

 

返済途中の過払い金請求をした場合はどうなるの?

 

話が難しくなってくるのが、返済途中に過払い金請求をした場合です。この場合、残債がありますので完済済みと同列に語る訳にはいきません。先述したように事故情報とは基本的に利用者側に責任があった場合に記載されるものですので、判断がわかれてくると言えます。

 

 

では、具体的に返済途中の過払い金請求について見ていきましょう。事故情報になるかどうかというのは、残債が相殺できるのかどうかで変わってきます。返済途中の過払い金請求では、過払い金は戻ってくるとしても残債と相殺される形が一般的です。

 

 

この時に、過払い金の額の方が大きいと借金すべてを相殺することができますので、完済したという扱いになります。当然ですが、相殺して余った分の過払い金があれば、それを受け取ることができるので覚えておいてください

 

 

完済済みという扱いになりますので、このケースでは事故情報が記載されません。一方で、過払い金と相殺を行ったものの元金の方が多く、借金が残ってしまった場合は任意整理扱いになってしまうのです。任意整理とは債務整理の1つであり、過払い金請求のように引き直し計算などを行って金融機関と借金の圧縮を交渉する方法になります。

 

 

残債が相殺しきれなかった場合は、この任意整理を行ったものとみなされてしまい、事故情報が記載されるのです。

 

 

つまり、ブラックリストに記録されると言い換えて良いでしょう。このブラックリスト入りしてしまった場合、どうなるかについて考えてみます。基本的には上でも書きましたが、クレジットカードやキャッシングなど新規で申込をしても審査の段階でほぼ落とされてしまうでしょう。

 

 

 

 

何故かと言うと、金融機関からすると債務整理をした経験がある人は、信用取引ができないと判断されるからですね。ただ、一度ブラックリスト入りをしてしまっても、一生それが続く訳ではありません。一般的に任意整理の場合ですと、5年程度情報が記載されることになるので、その期間はローンの審査などが難しくなってしまいます。

 

 

情報が消去されると、また元通りの扱いを受けることができるので、その期間は我慢するしかありません。ただし、過払い金請求を行った会社とそのグループ会社については、その後も審査に通ることは難しくなります。その理由はシンプルで、会社独自のデータとして残ってしまうからです。

 

 

こちらが本当の意味でのブラックリスト入りと言って良いかもしれません。このデータに関しては個人信用情報のように他社と共有される訳ではありませんが、その会社とグループ会社では共有されてしまっても仕方ないでしょう。

 

 

ですので、過払い金請求をしたものの個人信用情報に事故情報が記載されてしまった場合は、別の会社に申込をするようにしてください。ちなみにキャッシングについては中堅どころの消費者金融であれば、事故情報がついていても借入ができるケースもあります。ただし、大手の会社でないという点には注意しておきましょう。

 

 

 

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

現在の日本の過払い金の現状はどうなっている?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
借金を減らす喜びを知ろう!
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
消費者金融からお金を借りることのデメリット
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
現在の借金・キャッシングの金利事情について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
違法金融会社の現状について知っておきたい事
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金には時効は存在するのか?対策方法は?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金の請求をするとクレジットカードが使えなくなる?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
一般的なクレジットカードでも過払い金の請求・返還は出来る?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。