過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

一般的なクレジットカードでも過払い金の請求・返還は出来る?

過払い金請求と言うと、消費者金融が行っているキャッシングのみを対象としたものだとイメージする人も少なくありません。

 

 

しかし、実際にはキャッシングだけではなく、クレジットカードの利用においても過払い金の請求を行うことができるのです。ここでは一般的なクレジットカードにおける過払い金請求を考えてみましょう。

 

 

一般的なクレジットカードでも過払い金請求ができる?

 

大人の人でクレジットカードを一枚も持っていないという人は少ないでしょう。それくらい多くの人が利用しているものだと言えます。

 

 

この一般的なクレジットカードでも過払い金の請求を行うことが可能です。ただし、すべてのケースにおいて対応できるという訳ではありません。まず確認しておきたいのが、クレジットカードで過払い金の対象となるものです。

 

 

クレジットカードにはご存知のようにクレジット枠とショッピング枠の2つがあります。この内で、過払い金請求の対象となるのはクレジット枠のみです。

 

 

何故、ショッピング枠が過払い金請求の対象にならないのかと言うと、法律上の扱いが異なるからだと言えます。ショッピング枠の場合、法律上は立替という形になるのです。そして、ショッピング枠の支払いでついている金利ですが、これは金利ではなく手数料という扱いになります。結果、過払い金の対象にはならないので覚えておくと良いでしょう。

 

 

では、クレジット枠についてですが、こちらもクレジット枠ならすべてが対象になるとは限りません。基本的に過払い金が発生していなければ、そもそも請求することができないので、まずは過払い金があるかどうかの確認をしてください。

 

 

 

 

過払い金とは利息制限法の法定金利を越えた金利で支払いをしている場合に、発生するものだと考えてください。一般的なクレジットカードですと、グレーゾーン金利が適用されていた状態での取引があった場合のみですね。

 

 

ちなみにグレーゾーン金利は2010年に撤廃されていますし、それに先駆けて各クレジットカード会社で2008年から利息制限法内の金利へと変更を行っています。つまり、2007年以前からクレジット枠での取引があった場合に限られると言い換えても良いでしょう。

 

 

また、過払い金があったとしても最終的な取引から10年が経過していると、時効が成立してしまいます。結果、請求できた過払い金がなかったことになりますので、心当たりがある人は早い打ちに専門家に相談した方が良いでしょう。

 

 

ここで言う専門家とは弁護士や司法書士となります。近年では法律事務所でも過払い金請求をメインの業務に据えているところが増えており、無料相談なども行っていますので、利用しやすくなりました。電話やメールでも無料相談ができますので、自分のライフスタイルに合わせて相談方法を選択しておくと良いでしょう。

 

 

クレジットカードの過払い金請求で気をつける点

 

クレジットカードの過払い金請求ではいくつか注意点があります。その1つが、過払い金請求をしたクレジットカードは利用できなくなる点です。

 

 

これは請求を行った時点で適用されますので、何かしらの支払いに利用しているカードですと、支払いに不備をきたしてしまいます。

 

 

引き落としができないというケースが起こりますので、毎月の支払があるカードで過払い金請求をするのなら、事前に支払い方法を変更しておかなければいけません。また、クレジット機能だけが使えなくなるのではなく、カードそのものが利用停止状態となりますので、クレジットカードが必要であれば別途契約をしておくことも重要です。

 

 

ただし、その別のカードにしても同じ発行先の会社であれば、利用停止となってしまうので注意してください。特に信販会社では提携しているクレジットカードなども多く、カードの名称は違っても運営元は同じだといケースがあります。

 

 

また、契約した時点では違う会社が運営していても、その後に合併をしているケースなどもあるので、しっかりと確認しておいてください。過払い金請求をしたカードが利用停止になるのは百歩譲って理解できたとしても、他のカードも使えなくなるのはわからないという人もいるかもしれません。

 

 

これはカードを発行している会社に過払い金の請求をすることになるので、自分が所有しているカードの中で同じ会社のものがあれば別個としてはではなく、同列に扱われてしまうためです。

 

 

 

 

ですので、過払い金請求をするクレジットカードでは完済していたとしても、同じ会社の別カードでは残債があるといったケースでは、残債ありの過払い金請求だと判断されてしまいます。

 

 

結果、過払い金の返還額によっては個人信用情報に事故情報が記載されてしまう可能性も出てくるのです。
こうした状態になって知らなかったと言っても話は通じませんので、なにかわからない点があれば法律事務所に相談しておいた方が良いでしょう。

 

 

自分のクレジットカードがどこの会社が発行しているのかわからない、調べられないというのであれば、相談時に聞いてみるようにしてください。

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

現在の日本の過払い金の現状はどうなっている?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
借金を減らす喜びを知ろう!
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
消費者金融からお金を借りることのデメリット
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
現在の借金・キャッシングの金利事情について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
違法金融会社の現状について知っておきたい事
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金には時効は存在するのか?対策方法は?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金の請求をするとクレジットカードが使えなくなる?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
返済中に過払い請求したらブラックリストとして認識されるのか?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。