過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

セントラルファイナンス過払い金請求に関する現状や対応について

セントラルファイナンスは2009年まで存在した信販事業やクレジットカード事業を営む会社で、かつてはCF Cardと呼ばれるクレジットカードブランドを有していました。

 

 

セントラルファイナンスについては株式会社オーエムシーカードと株式会社クオークの2社が合併したことで消滅しており、2009年以降は株式会社セディナと改称して現在に至ります。

 

 

前身となる会社は信販会社の支店として1960年に創業し、その後1980年代からクレジットカードの発行を開始しました。

 

 

同社のプロパーカードとして発行していたCF Cardは、セディナとして新たに発足した以降はCedyna CF Card(セディナカード)と名称を改め、また複数の会社が合併したことによりOMCカードやクオークカードなども現在では同社が運営しています。

 

 

 

 

セディナカードの特徴としては、ダイエー傘下の企業が合併したことにより現在では流通系カードに分類されており、その分野でお得に利用することができます。

 

 

例えばダイエーグループやイオングループなどの系列スーパーで毎月の決まった日に5%割引で買い物が出来る特典や、ヨーカドー系ではセブンイレブンやイトーヨーカドーで恒常的に1.5%還元になる特典などもあります。

 

 

いずれも普段のお買い物で頻繁にする店舗ばかりで、ショッピングでは欠かすことができない流通系としてはもっともお得なカードとして高い人気を誇っています。

 

 

ただかつてのセントラルファイナンスについてはグレーゾーン金利としては上限に近い29%のギリギリのラインでの貸付を行ってきた経緯があり、現在のセディナに対しては過払い金の請求を行うケースが多くあります。

 

セディナの過払い金請求に対する対応

 

現在のセディナは前身となる会社の過払い金請求に対応しており、交渉に際しての態度は一般的なレベルで特に大きな問題は起きていません。

 

 

まず請求に際して過去の取引記録の開示を求めることになるのですが、この段階ではやや待たされる傾向があります。

 

 

同社の場合はかつて複数の会社が合併した経緯があるため、過去の記録については膨大な量があり、開示の請求から実際に手元に記録が届くまでにはやや時間が必要です。

 

 

そのため過払い金の請求を行うか迷っている段階であっても、取引履歴に関しては先に請求した方が良いでしょう。また同社の場合は郵送で開示するだけでなく直接会社に訪問した場合でも対応してくれますので、事前に電話連絡して即日開示の手続き方法について確認しておくと良いでしょう。

 

 

続いて会社側と行なう交渉についてですが、同社の場合は個人で行う交渉と弁護士や司法書士などが交渉した場合では少なからぬ違いがあります。まず個人での交渉で提示される金額については、過払い金のおよそ70%ほどと少なく、いくら話し合いを進めても最初に提示された金額からは増えることがありません。

 

 

 

 

一方で専門家が交渉した場合には金額が上昇することになり、満額は難しいもののおよそ80%から90%まで上がります。ただ実際に返還されるまでの期間については個々で差があるものの7ヶ月ほどと時間が掛かる場合もありますので、他と比較しても期間は長くなる傾向があります。

 

 

また満額での返還を目指す場合には訴訟を起こすことになるのですが、裁判においては過払い金が満額になるのに加えて過払い金により生じた利息分も含めて全額を受け取ることができ、期間についても訴訟を起こした場合は6ヶ月ほどと短くなる傾向があります。

 

 

まとめるとセディナの対応自体は良いものの時間が掛かる傾向があり、また訴訟を起こした場合には満額での返還に加え利息も含め返還を受けることができます。

 

 

過払い金請求とセディナ取り巻く現状

 

過払い金の返還については企業を大きく苦しめる要素であり、特に消費者金融業界ではかねてより利用者数が減少する中で過払い金の返還も業績悪化に大きく関係しており、できるだけ返還金を減らそうとする悪あがきが多く見られます。

 

 

その一方でセディナの場合は現状として流通系としてもっとも大きなバックボーンを備えているカードであり、またグループは銀行など金融機関も抱えていますので現状の経営状態は磐石であり、安心して請求を行うことができます。

 

 

また流通系カードですので日常的に買い物をする店舗との関わりも深いため、会社に対して負のイメージを避けようとする事もあり、過払い請求については時間が掛かる傾向がありますが特に抵抗されることもなく比較的にスムーズに受け取ることが出来ます。

 

 

ただ請求に際して一つ注意点があり、同社のカードでショッピングの支払いで利用し残高が残る場合は、このショッピング残高と過払い金が合算され計算されます。

 

 

ショッピング残高が少なければ問題はないのですが、万が一にも過払い金よりショッピング残高の方が多く残されていると信用情報に事故記録が残されるので注意が必要です。

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

オリコの過払い金請求に関する対応・現在の状況について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
セゾンカード過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
エポスカード過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
ニコス過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
イオンカード過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
信販会社の借金・ローンで過払い金はよくあること?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
闇金でお金を借りたときも過払い請求の現状について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。