過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

イオンカード過払い金請求に関する現状や対応について

イオンカードは総合スーパーやショッピングセンターを始めとして幅広い事業を営むイオングループに属するイオンクレジットサービス株式会社が提供しているクレジットカードサービスです。

 

 

同社はイオングループにおいてカードを始めとして銀行代理業や信用保証事業から電子マネー事業などと、クレジットカードに関わる各種事業を担っています。
同社の前身となる企業は1981年に設立され、当初から系列のクレジットカードを発行するなど流通系カードとして広く知られていました。

 

 

現在では関連企業や提携企業なども含み53種類と非常に多くのカードが発行されています。カードの特徴としてはやはりイオン系のサービスがお得に利用できる点が大きなメリットとして挙げられます。

 

 

 

 

まず全国のイオン・ビブレ・マックスバリュなどを始めとする系列店では毎月20日と30日にお客さま感謝デーとして代金が5%OFFになりお得な買い物が出来ます。

 

 

またカードを利用するごとにポイントが溜まり、店舗で購入すれば毎月5日と10日にポイントが2倍に、さらにネットショッピングでは最大21倍も貯めることが出来ます。

 

 

やはりイオン系の店舗はいずれも毎日利用するような所が多く、そうした中で割引やポイントが加算できますので大きなメリットがあるのです。

 

 

またクレジットカードだけでなく電子マネーのWAONが付いたカードの場合は、オートチャージを利用した場合にポイントの二重取りをすることも可能で、このあたりの機能を賢く利用する消費者の方は非常に多く、人気の高いカードとして頻繁に使用されています。

 

 

またカードの機能としてはショッピングと共にキャッシング・分割払い・リボ払いなどもあり、とりわけキャッシングについてはかつてグレーゾーン金利に該当していた時期もありますので、過払い金請求をするケースが多くあります。

 

 

イオンの過払い金請求への対応とは

 

イオンカードを運営するイオンクレジットサービスの対応についてですが、同社の場合は2011年ごろまでは裁判に発展することも多かったのですが、2012年ごろから態度が軟化して交渉のみで解決できるようになりました。

 

 

やはり流通系大手のイオングループに属している会社ですので、グループ全体のイメージ悪化に繋がるような問題は避けたい意思が垣間見え、ほとんどのケースで裁判には至らず交渉で解決している現状があります。

 

 

まず請求に先立ち過去の取引記録の開示から請求する事になるのですが、その際に一つ大きな特徴があります。一般的な消費者金融の場合は取引記録をただ寄こすだけなのですが、同社の場合はあらかじめ引きなおし計算がされていますので、その点では親切な対応となるのです。

 

 

 

 

 

ただ提示された引きなおし計算には問題がありそのまま受け取る訳には行きません。そもそも過払い金は違法に受け取ったお金ですので、その返還に際しては年5%の利息が請求できるのですが、イオン側から提示された計算ではこの利息分が付加されていません。

 

 

つまり明細書は本来受け取ることが出来る金額より少ない記載になっているのです。そのため交渉に入る前には専門家に依頼して引きなおし計算を再度行なう必要があります。

 

 

続いて交渉に関して個人が行なう場合は50%から70%ほどしか提示されず、一方で専門家に任せた場合には95%から100%と跳ね上がりますので満額で返還を受けられる可能性があります。請求から返還まではおよそ3ヶ月から4ヶ月ほど掛かることになり、現状では裁判まで発展するケースは余りありません。

 

 

まとめると請求は専門家に任せることで返金額は高い割合になり、またイオン側からの抵抗もなく比較的にスムーズに手続きが進みます。

 

 

イオンと過払い金請求に関する現状

 

イオンカードは国内でも有数の企業グループに属していますので、イオンクレジットサービス株式会社の経営状態には何の疑いの余地もなく安心して請求することができます。同社としても資金力は充分すぎる程ありますので、事を荒立てずにスムーズに返還したい意思が感じ取れます。

 

 

請求に際しても比較的に対応は良好ですが、やはり個人での請求は足元を見られるためお勧めできず、専門家に任せた方が良いでしょう。なお同社への過払い金の請求ではひとつ大きな注意点があります。

 

 

それは請求に際してクレジットカードのショッピングを利用していた場合はその支払い残高に充当されることになりますので、相殺した上で残高があった場合に現金が戻ることになるのです。

 

 

またその際にショッピングの残高の方が過払い金より大きかった場合は、ブラックリスト入りする可能性がありますので注意が必要です。さらに過払い金の返還を請求した場合には現状で使用しているカードが停止し利用できなくなるのです。

 

 

カードについては再び申し込めば所定の審査を受けた上で再び発行されることになるのですが、その際の手続きや先のカードで貯めたポイントの扱いについてはイオン側に詳細を確認しておきましょう。

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

オリコの過払い金請求に関する対応・現在の状況について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
セゾンカード過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
エポスカード過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
セントラルファイナンス過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
ニコス過払い金請求に関する現状や対応について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
信販会社の借金・ローンで過払い金はよくあること?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
闇金でお金を借りたときも過払い請求の現状について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。