過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?

借金の返済に悩んでいる人にとって、最も避けたいのが多重債務です。多重債務とは1社のみから借入をしているのではなく、複数の金融機関から借入を受けている状態だと考えてください。

 

 

多重債務の状態になってしまうと、借金返済のために借金を繰り返すという最悪の悪循環に陥ってしまうのも時間の問題です。そうなると最終的には返済できなくなってしまうのも目に見えていますので、最悪の状態になる前になんとかするべきだと言えます。

 

 

多重債務から過払い金請求はできるの?

 

多重債務の状態からでも過払い金請求はできます。ただし、過払い金が発生していないのなら、請求そのものができませんので、その点は十分に確認をしておきましょう。

 

 

基本的に過払い金が発生するのは、利息制限法における法定金利以上の金利で利息を支払っているケースです。多重債務に陥っている人ですと、認可をうけた貸金業者ではお金が借りられないこともあるので、下手をするとヤミ金に手を出しているケースもあります。

 

 

この場合、グレーゾーン金利とは比較にならないとんでもない高金利になるケースも少なくないので、ともかくすぐにでも専門家に相談してください。ちなみにヤミ金であっても過払い金の請求をすることができます。

 

 

 

 

しかし、ヤミ金の場合はある程度のところで姿をくらましてしまうこともあるので、早めに相談することが一番です。司法書士や弁護士が所属する法律事務所に相談をすることで、正規の貸金業者からでも過払い金が発生しているか調べることができます。

 

 

法律事務所に依頼した場合、報酬などで費用がかかってしまいますが、その分の過払い金を得ることができるでしょう。ただし、額によっては赤字になってしまうケースもありますので、その点も相談時に調べておくと良いかもしれませんね。

 

 

多重債務の状況で過払い金請求をして完全に解決できるとは言いがたいです。すべての貸金業者において過払い金が発生していれば別かもしれませんが、通常はすべての部分で解決するのは難しいでしょう。

 

 

過払い金請求以外に多重債務を解決できる?

 

多重債務を解決する方法はいくつかあります。ここでは大きく2つの方法について考えてみましょう。1つはおまとめローンを利用するというものです。

 

 

おまとめローンとは多重債務の状態から別の金融機関に借金を一本化することを指します。借金を一本化することによって、残債そのものが減る訳ではありませんが、金利は低くすることができるので、支払総額で考えると幾分かはカットできると考えて良いでしょう。

 

 

ちなみにですが、おまとめローンを利用して、一括返済した債務について過払い金が発生しているのであれば、返還請求を起こすことができますので、覚えておいてください。もう1つの方法としては債務整理を行うことですね。

 

 

債務整理とは簡単に書いてしまうと、借金を帳消しにする、もしくは棒引きしてもらう方法のことを指します。方法としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つです。

 

 

任意整理とは過払い金請求に近い方法だと考えてください。法律事務所に多重債務の状況で過払い金請求の相談に行くと、任意整理をした方が良いと勧められることも多いでしょう。任意整理では過払い金請求と同様に引き直し計算による借金の引き直しであったり、借金の圧縮について金融機関と話し合いをします。

 

 

その結果、基本的には3年以内の完済を目指した額を返済していくという形です。特定調停に関しては任意整理の話し合いを裁判所で行ったものと考えて良いでしょう。個人再生は自己破産の一つ前の債務整理です。

 

 

 

 

こちらも原則として3年以内の完済を目指して借金の圧縮をしてくれるのですが、5分の1程度に圧縮できるのが特徴だと言えます。他の債務整理よりも大きく借金を圧縮できるので、利用する人が増えています。また、自己破産のように免責事由がないというのも魅力の1つでしょう。

 

 

ギャンブルや浪費などが理由であっても、借金の圧縮をしてくれるという意味です。最後に自己破産ですが、これは借金の帳消しをする方法ですね。借金を帳消しにしてくれるのですが、反面で自分が持っている財産についても放棄しなくてはいけません。

 

 

ですので、持ち家がある人なら個人再生を選ぶというケースも多いでしょう。債務整理を行うことの意味は借金の棒引きや帳消しだけではありません。法律事務所に依頼をすることで、受任通知が各金融機関に届きます。この受任通知が届くと、金融機関は一時的に取立てができなくなるのです。

 

 

また、この期間は返済をする必要もないので、多重債務の人にとっては生活を立て直すための時間を稼ぐことができるでしょう。もう1つの大きなメリットとしては、債務整理を行うと金利が0になる点です。

 

 

自己破産以外の債務整理では交渉によって決まった額を支払っていく形となり、その額には金利がかかりません。結果、支払いに関してはかなり楽になると言って良いでしょう。

 

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。

関連ページ

借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
主婦の借金の現状と過払い金の関係について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い請求と携帯電話の関係について
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。
過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?
過払い金の返還請求をすることで払いすぎた過払い金を返してもらうことが可能です。時効、払いすぎなどいろんなケースに対応しております。