借金 完済済み 過払い請求

借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?

借金の過払い金と言うと、現在返済に困っている人が行うものというイメージを持っている人も少なくありません。しかし、過払い金は返済中だけではなく、完済をしていても請求することができるのが事実です。ここでは完済済みの過払い金請求にスポットをあててみましょう。

 

 

完済済みの過払い金請求について知っておこう

 

過払い金請求をすると個人信用情報に事故情報が記載されるのではと心配する人もいるかもしれませんね。
事故情報が記載されるということは、世間一般でいうブラックリスト入りするのと同じことです。

 

 

このことから忌避感を感じる人も多いようですが、完済済みの過払い金請求では、返済中のものと違って個人信用情報に事故情報が記載されるという心配はありません。ですので、気軽に行えるものだと言って良いでしょう。

 

 

ただし、完済済みの過払い金請求で気をつけておきたいことが1つあります。それは時効が存在するという点です。これは民法上の規定によるものなのですが、一定の期間請求しないでいると、その権利を失ってしまいます。

 

 

この時効の期間が10年となっているので覚えておきましょう。では、どの時点から10年なのかが気になってきますよね。取引を開始した時から10年なのか、それとも取引が終わってから10年なのかで大きくその期間が変わってくるのですが、安心してください。

 

 

この場合、取引が終了してから10年という形になっています。取引の終了とは完済した時点のことを指しますので、最後の振込を行った日から10年だと考えておいて良いでしょう。つまり、過払い金さえ発生していれば、10年以内なら請求できるのです。

 

 

 

 

では、過払い金があるかどうかを確認するにはどうすれば良いのでしょうか。一般的に金融機関から5年以上取引していれば過払い金が発生していると考えられていますので、5年以上の取引があった人は確認してみてください。

 

 

また、過払い金が発生するためには違法な金利での支払いをしていたという条件がつきます。違法な金利とは利息制限法で定められた法定金利を越えた金利のことで、一般的にはグレーゾーン金利のことだと考えてください。

 

 

グレーゾーン金利は2010年の貸金業法改正によって撤廃されていますので、その時点から取引を始めた人ですと過払い金は発生していません。過払い金が発生していたかどうかは取引履歴があれば簡単にしることができます。

 

 

近年ではインターネット上に引き直し計算を行ってくれるソフトなどもあるので、そうしたソフトを利用してみると良いでしょう。また、法律事務所に相談をしてみるというのも1つの方法です。

 

 

近年では専門のスタッフによる相談なら無料で行っている法律事務所も多く、余計な費用をかけることもありません。特に完済しているケースでは、相談もしやすいでしょうから、ともかく連絡をしてみてください。

 

 

完済済みの過払い金請求で事故情報が記載されない理由

 

上でも書きましたが、完済済みの場合は過払い金請求をしても事故情報が記載されません。何故、事故情報が記載されないのかについてはさらっと流してしまいましたので、詳しく解説をしてみましょう。

 

 

そもそも過払い金が発生する仕組みはグレーゾーン金利にあります。グレーゾーン金利とは違法ではあるが、犯罪ではない金利のことです。つまり、グレーゾーン金利を設定していた金融機関に責任があると言えます。

 

 

利用者側からすれば本来は支払う必要のなかったお金となるので、それを返還してもらうのに事故情報がついてしまうのはおかしな話です。個人信用情報における事故情報とは、基本的に本人に問題があって返済などが滞ってしまった時に記載される情報になります。

 

 

返済の延滞や遅延、債務整理を行ったなど本人側に責任があることで記載される分には問題ありませんが、さすがに完済済みで事故情報が記載されるのはおかしいですよね。結果、完済済みであっても事故情報として記載されていたのですが、現在では記載されないようになっています。

 

 

 

 

ただし、残債ありの場合ですと少し話は違ってきます。残債ありの場合、すべてのケースで事故情報が記載される訳ではありませんが、債務整理をしたと判断されると記載される仕組みです。ただ完済済みでも間違って事故情報が記載されるケースがあるようです。

 

 

この場合、個人信用情報機関に連絡をして自分の情報を確認できます。各信用情報機関によって、自分の情報を確認するための方法は異なりますが、たいていは本人であることを証明する身分証と、手数料が必要です。この確認で間違った情報が記載されている場合は訂正することもできるので、まずは確認だけでもしてみてください。

 

 

一般的には新しくローンを組んだり、クレジットカードやキャッシングの申込などをした時に、審査で落ちてしまえば事故情報が記載されている可能性があります。一概に事故情報のみのせいとは言えませんが、審査で落ちる心当たりがないようなケースでは疑った方が良いかもしれません。

 

 

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。

関連ページ

多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?
多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?についてまとめています。
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?についてまとめています。
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方について
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方についてまとめています。
主婦の借金の現状と過払い金の関係について
主婦の借金の現状と過払い金の関係についてまとめています。
過払い請求と携帯電話の関係について
過払い請求と携帯電話の関係についてまとめています。
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?についてまとめています。
過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?
過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?についてまとめています。
過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?
過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?についてまとめています。