過払い請求後 日常生活 制限

過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?

過払い金請求を行うのは良いけれど、何かしら日常生活で制限されることがあったら困るということで躊躇する人も多いでしょう。日常生活で制限を受けるということは基本的にはありませんが、詳しく考えていきましょう。

 

過払い金請求をすることでどんな影響がある?

 

基本的に過払い金請求と言っても大きくは2つに分けることができます。既に完済している借入について行うのか、残債があるものについて行うのか、です。この2つは似ているようでまったく結果が違ってきますので解説していきましょう。

 

 

まず完済している借入に対する過払い金請求ですが、こちらは特に日常生活で制限されることはありません。完済をしているケースでは個人信用情報に事故情報が記載されることもありませんので、手続きさえ終わってしまえば問題ないでしょう。

 

 

自分で過払い金請求の手続きをした場合については、貸金業者との交渉なども自分で行うことになるので、そこに出向かないといけないという面はあります。また、引き直し計算や各種手続きなどにしてもすべて自分で行わないといけません。

 

 

対して、残債があるというケースですがこちらは日常生活に制限がかかることもあります。制限がかかると言っても、何かしら生活がしにくくなるということはありませんので、安心してください。

 

 

残債がある場合、過払い金請求を行うことで債務整理を行ったとみなされてしまうのです。結果、個人信用情報に事故情報が記載されてしまいます。この事故情報ですが、世間一般的に言うブラックリストだと考えてください。

 

 

この情報が記載され続けている限りは、クレジットカードの新規取得であったり、新しくキャッシング契約を結ぶといったことはできません。カーローンや住宅ローンにしても同様のことだと考えて良いでしょう。ただ住宅ローンの場合は他の要素もあるので、一概には言えない面もあることを覚えておいてください。

 

 

つまり、残債があるという状況で過払い金請求をすると、新しく借入を受けようとしてもできないという制限がかかってしまうのです。融資を受けないような生活をしていれば特に問題はないでしょう。

 

 

また、この事故情報の記載というのも一生続く訳ではありません。一般的に任意整理では5年程度とされていますので、この期間が経過すれば個人信用情報から情報が消去されます。

 

 

 

事故情報が消去されれば、クレジットカードの新規取得や新たなキャッシング契約なども結べるようになるでしょう。ただし、すべての会社で同じようにいく訳ではありません。過払い金請求を行った会社、またはそのグループ企業においては取引できないものだと考えておいて良いでしょう。

 

 

これは個人信用情報とは別に個別の会社にて個人情報が残るからです。こちらの場合は、個人信用情報とは違い情報が消去される期間はありませんので、ずっと記録が残るものだと考えてください。

 

 

ただし、残債ありの場合ですと、過払い金の額によっては借入したお金が相殺されて借金がなくなるというメリットもあります。また、元金の額よりも過払い金の方が多ければ相殺した上で、残った分のお金は返してもらうことができるので、覚えておくと良いでしょう。

 

 

過払い金請求と債務整理である任意整理には違いがあるものですが、似た部分もあることから残債がある場合ではメリットとデメリットを天秤に掛ける必要があると言えます。どちらの比重が大きいかわからない場合は、個人で判断を下さずに専門家の意見を聞くのも1つの方法です。

 

 

判断がつかなければ法律事務所に相談してみよう

 

過払い金請求の相談については法律事務所で行っています。法律事務所だと相談をするのも有料ではないのと考える人も多いのですが、近年では過払い金請求の相談に限っては無料という形をとっている事務所も増えているので、安心して相談できるでしょう。

 

 

不安であれば、インターネットなどで法律事務所のウェブサイトを確認してみてください。こんなケースでは相談無料というように記載されていますので、安心できるはずです。法律事務所に相談するメリットとしては、専門の相談スタッフがいますので、詳しい話を聞ける点にあるでしょう。

 

 

なかなか法的な知識を持っている一般の人も少ないので、法的な面からアドバイスをもらうことができるのは大きなメリットです。また、自分が過払い金請求に該当しているのか良くわからないというケースでも調べてもらうことができるのは魅力的でしょう。

 

 

 

 

 

あくまでも相談だけで終わらせることもできますので、何かしら心当たりがあるのなら確認の意味でも無料相談を利用すると良いですね。ただ、法律事務所に仕事を依頼する場合は報酬を支払わないといけません。

 

 

この報酬と過払い金の額によっては仕事を依頼すると赤字になるケースもあるので、その点は事前に確認しておくべきです。報酬のことを確認しないままに依頼をしても損をするだけなら、過払い金請求をする意味もありませんので、その点は忘れないようにしてください。

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。

関連ページ

多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?
多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?についてまとめています。
借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?
借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?についてまとめています。
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?についてまとめています。
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方について
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方についてまとめています。
主婦の借金の現状と過払い金の関係について
主婦の借金の現状と過払い金の関係についてまとめています。
過払い請求と携帯電話の関係について
過払い請求と携帯電話の関係についてまとめています。
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?についてまとめています。
過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?
過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?についてまとめています。