過払い請求 出来ない

過払い請求が出来ない・対応出来ない人っている?

最近、テレビや各メディアなどで良く見かけることのある過払い金請求という言葉、実は自分も該当するのではと思う人も多いでしょう。しかし、すべての人がこの過払い金請求に該当する訳ではありません。ここでは過払い金請求ができない人について考えていきましょう。

 

 

過払い金請求を行うための条件ってなに?

 

過払い金請求を行うためにはいくつか条件をクリアする必要があります。大まかに言えば3つの条件があり、1つは消費者金融もしくは信販会社からのキャッシング取引であること、1つは完済してから10年以内であること、1つはグレーゾーン金利での取引であることの3つです。

 

 

この3つの条件を満たしていない場合は、残念ながら過払い金請求を行うことができません。では、それぞれの条件について解説をしてみましょう。

 

 

1つ目の条件である消費者金融もしくは信販会社からのキャッシング取引であること、というのは、キャッシングが対象になるからです。つまり、クレジットカードで言えばショッピング枠ではなく、クレジット枠での借入のみが対象になるという話ですね。

 

 

消費者金融におけるキャッシングを利用している場合はわかりやすいのですが、クレジットカードですと、この点を勘違いしてしまう人も少なくありません。クレジットカードを利用している人であれば、ショッピング枠を良く利用する人も多いはずです。

 

 

しかし、ショッピング枠での過払い金は発生しませんので注意しておいてください。2つ目の条件に移りましょう。基本的に過払い金請求とは完済している借入が対象となります。ですが、完済をしているからと言っても何年経過しても対象とはなりません。何故なら時効が存在するからです。

 

 

 

 

 

時効とは一定期間、その請求を行っていないと権利が失効する期間のことになります。過払い金請求においては民法上の時効が適用されており、その期間が10年と定められているのです。結果、10年以上経過した取引については時効が発生することになり、いくら過払い金が発生していたとしても請求することができません。

 

 

この時効の成立する考え方ですが、最後に返済を行った日となります。言い換えると、完済をした日から10年という形ですので、覚えておいてください。

 

 

3つ目の条件ですが、グレーゾーン金利で取引していないと過払い金請求の対象にはなりません。グレーゾーン金利とは2010年の貸金業法の改正によって撤廃されていますので、2010年以降に新規取引をしている人は、基本的に過払い金が発生しないことも付け加えておきましょう。

 

 

過払い金とは違法な金利で支払ったお金を返してもらうことを言います。グレーゾーン金利の場合、最大で10%ほど金利が上乗せされており、この10%分の差額を請求するものだと考えてください。この3つの条件があてはまっていれば基本的に過払い金請求は可能です。

 

 

ちなみに完済していることが基本だと書きましたが、残債があっても請求できます。その場合、借金が過払い金にて相殺されるので必ずしも手元にお金が残る訳ではありません。

 

 

また、残債ありで過払い金請求を行ったケースでは、債務整理を行ったものとみなされてしまい、個人信用情報に事故情報が記載されるので覚えておきましょう。

 

 

実は過払い金請求ができるケースとは?

 

前述した3つの条件をクリアしていると過払い金請求を行うことができます。ただ、本当は請求できるのにできないと勘違いしているケースもあるので、いくつか紹介しておきましょう。

 

 

まず代表的なものとしては契約書類を紛失してしまったというケースです。正確な取引相手がわからないので、仮に過払い金があったとしても請求できないと考えてしまうことが多いようですね。

 

 

しかし、法律事務所に依頼をすることでわずかな情報を頼りにして、業者を特定して請求することができます。もう1つのケースとしてはおまとめローンを利用した場合ですね。

 

 

おまとめローンとは複数の借入先の借金を1つにまとめてしまうとう方法のことです。おまとめローンを利用する場合、基本的に新しい借入先となる業者以外には、借りたお金で一括返済をしてしまいます。

 

 

 

 

 

この時に、過払い金の計算をしていなければ、発生している可能性があるでしょう。当然ですが、先にあげた3つの条件をクリアしていると仮定しての話になるのですが、クリアできているのなら問題ありません。おまとめローンによる一括返済をしたことは関係なく、過去の借入で過払い金が発生していれば請求可能です。

 

 

このように実は過払い金請求ができるのにしていないというケースは多くあります。もしかしたら自分も当てはまるのではと思い当たることがあるのなら、ともかく法律事務所で相談してみると良いでしょう。

 

 

最近では法律事務所も過払い金請求に力を入れており、無料で相談に乗ってくれますので、余計なお金を支払う必要もありません。中には無料の電話相談を受け付けているケースもありますので、事務所にまで足を運ぶのが億劫な人はそちらを利用しても良いでしょう。

 

 

 

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。

関連ページ

多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?
多重債務とはどんな状態?過払い請求は行った方が良い?についてまとめています。
借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?
借金の完済済みでも過払い請求は出来るのか?についてまとめています。
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?
過払い金請求で起訴してしまう事はあるのか?についてまとめています。
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方について
過払いの計算はどうやって行うの?簡単な考え方についてまとめています。
主婦の借金の現状と過払い金の関係について
主婦の借金の現状と過払い金の関係についてまとめています。
過払い請求と携帯電話の関係について
過払い請求と携帯電話の関係についてまとめています。
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?
過払い請求中にローンやキャッシングは出来る?についてまとめています。
過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?
過払い請求後に日常生活で何か制限されることはある?についてまとめています。