過払い金 返還請求 払いすぎ

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

過払い金って何?過払い金の基本情報について(TOP)

今現在、借金をされている方、もしくは何らかの債務に関わっている方なら、一度は「過払い金」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。実はこの「過払い金は」、お金を借りる人がぜひ覚えておかなければならない大事な言葉です。

 

この言葉を知らなかったせいで、あるいはその手続きのことを知らなかったために経済的に損することもあるので、注意してこれを見ておいてください。

 

過払い金の基礎知識

 

まず、過払い金とはなにかについて意味を理解しておきましょう。過払い金とは、文字通り、払い過ぎたお金のことをいいます。例えば、ある人が消費者金融などからお金を借りて、法律で決められた利息以上の利息を相手に支払ったら、その払いすぎた分が過払い金になります。

 

 

利息請求についての法律には利息制限法がありますが、この利息制限法で定める金利の上限を超えて金利を払ったら、その分は全て過払い金とされます。対象となるのは貸金業者、件の消費者金融、百貨店系のカード、クレジットカードなどですが、いずれの場合も利息制限法の上限を超えて金利を取ることはできません。

 

 

この過払い金については、特にお金の借り手側となる債務者が注意して見ておかなければなりません。何を注意すべきかというと、本人が気が付かないうちに、知らず知らずに過払い金を支払ってしまっている場合が多いことです。

 

 

そもそもこのような事情を知らない人もいますし、知ってはいても見過ごしてしまう人もいます。そのような人はあまり注意せずにどんどん上限を超える金利を支払ってしまうことがあるので、気をつけなければなりません。過払い金のこと、またそれを請求できることについて知っている人でも安心することはできません。

 

 

例えば、人の借金契約だけなら計算がしやすくていいのですが、これが複数の借入になってくると計算が複雑になり、今自分に過払い分があるのかどうか、自分で判断することができなくなってしまう恐れがあります。

 

 

一つの借金の利息の返済だけでも計算が難しいことがあるのに、ましてこれが複数契約になると、全ての借金について総合的に今過払い分がどのぐらいあるのかを正しく計算するのは、決して簡単なことではありません。

 

 

 

 

したがってどんな人でも債務者は、常に自分の借金の支払状況をチェックし、過払い金の計算を行っておく必要があります。では、なぜ過払い金が発生してしまうのか、基本的な原因について改めて確認しておきましょう。その根本原因は、決して債務者にあるのではありません。

 

 

むしろ、お金の貸し手である貸金業者が法律に違反しているからです。すでに述べたとおり、貸金業においては、利息制限法という法律によって利息の上限が定められています。この上限を超えて利息を請求したら法律違反になるのですが、この法律違反を行って上限を超えた利息を請求してくる会社があるのです。

 

 

この貸金業者による法律違反こそが、過払い金が発生する根本原因です。そして二次的な要因として、その違法請求に気付かない債務者の無学も、それを後押しする原因となっています。

 

 

法律の知識をもっておけばちゃんと気付くことができるので、ぜひ過払い金に関する法的な知識をもっておくようにしましょう。ちなみに、債務者は次のような実態について知っておくといいでしょう。

 

 

それは、利息制限法では借金総額が10万円〜100万円未満になる場合は、18%以上の利息をとってはならないと定めていますが、多くの消費者金融ではこの法律を無視して、長きにわたって18%以上の利息をとるところがあるということです。

 

 

計算が苦手な方、法律を勉強していない方、複数の借入がある方は、くれぐれも注意して自分の支払状況を見ておかなければなりません。

 

 

過払い金への対応策

 

では、この過払い金についてどのように対応したらいいでしょうか?対応策については、過払い金が発生しないようにするための方策と、過払い金が発生してしまった場合の方策があります。

 

 

まず、過払い金発生しないようにするためには、定期的に自分の支払状況をチェックすることです。

 

 

もちろんただ漠然とチェックするのではなく、利息制限に照らしながら自分の借金と支払状況を確認して、法令に違反した利息の払い過ぎないかどうかをチェックします。過払いはいつ発生するかわからないので、このチェックを定期的に行うことが必要です。

 

 

もし、自分に過払い分があることが分かったら、ただちに返還請求を行いましょう。これは法律に則って裁判所も認めていることなので、過払いしたことが明らかならば堂々と業者に返還請求することができます。

 

 

 

 

ただし、過払いがあったことを認めさせるために、これまでの取引履歴を開示させたり、それを見ながら金利の引き直し計算を行う必要があります。

 

 

これらの請求手続きは自分一人で行うこともできますが、複数の契約があるなどややこしい場合は、法律のプロである弁護士に依頼して返還請求を行う人が少なくありません。

 

 

ちなみに、本人の手元に必要な書類が残っていなくても、弁護士に依頼すれば交渉によって取引履歴を取り戻すことができます。

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。