過払い金 自己破産 違い

自己破産と過払い請求の主な違いについて

人によっては、自己破産と過払い請求を同じものだと混同している人もいます。どちらも債務整理という点では同じものですが、その内容やもたらす影響には違いがあります。よって、両者にどのような違いがあるのかを見分けておきましょう。

 

 

自己破産とはなにか

 

まず自己破産とは何かを考えてみましょう。自己破産とは、抱えた借金を返済できなくなったときに、裁判所に申請して債務を免除してもらう手続きのことをいいます。

 

 

裁判所が支払いの可否を判断しますが、そこで免責が許可されると、全ての債務につき返済する必要がなくなります。債務整理としては最後の奥の手ともいわれますが、文字通り借金をチャラにできる手続きが自己破産です。

 

 

 

 

ただし、無条件で免責許可になるわけではありません。

 

 

生活するのに最低限必要な財産は手元に残りますが、それ以上の財産については手放さなければなりません。手放した財産はお金に変えられますが、それらは債権者に配当されます。

 

 

本人の手元に残る財産は、20万円以下の預貯金など、裁判所が決める基準を超えない程度の財産です。自己破産した場合の家族への影響ですが、ここは家族が保証人になっているかいないかがポイントです。

 

 

もし家族で保証人になっている人間がいれば影響がありますが、そうでなければ直接的な影響はありません。

 

 

もちろん、家族が別のローンを組む際にも影響はありません。自己破産をする手順は、裁判所に破産申立書を提出後、免責許可を受け取り、借金がゼロになるという流れです。

 

手順で厳しいハードルはありませんが、免責されるためのシンプルな条件がありますので、それをクリアしなければなりません。その条件とは、借金につき支払不能であることです。

 

 

裁判所の判断により支払可能であると判断された場合は、借金をチャラにすることはできません。なお、支払の可否の判断は、負債額、現在の収入、資産などを見て判断がなされます。

 

 

自己破産にはメリットとデメリットがあるので、両方を見ておいてください。

 

 

まずメリットは、借金がゼロになって返済の必要がなくなることです。

 

 

一方デメリットには、同じ消費者金融から今後借入ができなくなる可能性があること、数年間ブラックリストに掲載されること、住所氏名が官報に掲載されることなどがあります。

 

 

ただし、消費者金融からお金が借りられなくなることについては、必ずしもデメリットとはいえません。むしろ、消費者金融からお金を借りなくてすむ生活ができるようになることは、望ましいといえるでしょう。

 

 

過払い請求

 

さて、今度は過払い請求について考えてみましょう。過払い請求とは、漠然と借金が減額できることだと思っている人もいます。

 

 

これは結果的にその通りですが、厳密にいえば、払い過ぎた利息を返還してもらうことをいいます。払い過ぎた利息を返してもらうと、返済総額が減るので、結果的に借金が減らせるという形になります。

 

 

 

 

過払い請求の特長は、改正貸金業法で定められた範囲を超える利息の支払いがあった場合は、その利息分を返還請求できることです。これはすなわち、かつては合法だったグレーゾーン金利についても今は違法として返還請求できることを意味します。

 

 

かつては、出資法と利息制限法が共存しており、利息制限法では20%までの金利しか認められていないのに、出資法では29.2%までOKとされていたので、実質的に利息制限法の上限金利はないも同然でした。

 

 

当然、多くの貸金業者が出資法の上限金利、いわゆるグレーゾーン金利を適用しており、それが当たり前でした。

 

 

しかし、改正貸金業法が2006年に成立する運びとなり、施行後の金利は出資法の上限は認められなくなり、利息制限法の上限20%が適用されることになったのです。

 

 

したがって、かつて出資法の適用で高額金利を支払っていた人も、法改正により過払い金請求できるようになりました。というわけで現在、かつての債務者からの過払い請求による巻き返しが行われている状況です。

 

 

ただし、過払い請求には消滅時効期間が設けられているので、この時効を過ぎてから請求しても過払い金は帰ってきません。しかも、自身に過払いがあることに気付いていない人もかなりいるといわれています。

 

 

さて、過払い請求を行うと借金が減額できるので、この点はメリットになります。

 

 

しかし、次のデメリットについても考えておく必要があります。例えば、過払い請求を行うと、その事実が個人信用情報機関に登録されます。

 

 

これはいわゆるブラックリストと呼ばれるものですが、そこに個人情報と共に請求した事実が掲載されます。

 

 

また、一人で過払い請求を行う場合は、貸金業者が取引履歴を開示しなかったり、和解交渉に応じないなど、過払い返還が実現しないこともあります。弁護士や司法書士など法律のスペシャリストに依頼すればこの点はクリアできますが、その代わり成功報酬を支払わなければなりません。

 

 

さて、以上のような過払い請求の特長とメリット・デメリットについて、確認しておいてください。

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。