過払い金 請求後 完済後 ショッピング

過払い金の請求後の完済後ショッピングは出来るの?

過払い金請求をした時に気になるのは、完済後の場合であれば新たにショッピングができるのというものがあります。これはクレジットカードにおける過払い金請求の例になるのですが、詳しく見ていきましょう。

 

 

過払い金請求をした後でもショッピングができるの?

 

結論を書いてしまいますと、クレジットカードで過払い金請求をした後というのは、そのカードが使えなくなってしまいます。これは過払い金の請求を行った時点で適用されてしまい、クレジット枠のみだけではなく、ショッピング枠も含めてのものだと考えてください。

 

 

 

 

解約状態になるので、いくら完済後であっても請求をした会社のクレジットカードは利用できないのです。これは請求をしたカードだけに適用されるのではなく、その会社が発行しているカードすべてにおいて適用されます。

 

 

つまり、別のクレジットカードを所有していたとしても、過払い金請求を行った会社が発行していれば使えなくなるのです。ですので、別会社のクレジットカードであれば問題なく利用できますが、その会社のカードしか持っていないのであれば、新しくクレジットカードを作らなくてはいけません。

 

 

ここで問題になってくるのが、過払い金請求をしてもクレジットカードは作ることができるのかという話です。先に結論を書きますと、完済済みの過払い金請求をしたのであれば問題なく作ることができるでしょう。

 

 

返済途中の残債ありというケースで過払い金請求をした場合ですと、過払い金で残債が相殺できなかった場合は作ることができません。クレジットカードを新規で申込した場合、問題になってくるのが審査です。

 

 

クレジットカードは信用取引を行うものですので、発行している会社としても返済できる見込みがない人にはカードの発行をしません。そこでカードが発行できる人物かどうかを見極めるために行われるのが審査です。

 

 

この審査は各クレジットカード会社ごとに内容は違っているのですが、大きな項目として個人信用情報が重視されるのは変わりありません。個人信用情報とは、いわばその人の社会的な信用度を表すためのものであり、ここに事故情報が記載されていると、ほぼ審査に通ることはないでしょう。

 

 

この事故情報に関わってくるのが、過払い金請求なのです。

 

 

過払い金請求と個人信用情報の関係を知っておこう

 

上でも触れましたが、完済済みの過払い金請求については個人信用情報に事故情報は記載されませんので問題ありません。ですので、新しくクレジットカードの申込をしても純粋に審査されることになるでしょう。

 

 

結果、条件次第では審査に落ちることもあるでしょうが、もともとクレジットカードを作っていたのならほぼ大丈夫だと言えます。反対に、任意整理をしたとみなされてしまって事故情報が記載されているケースでは、ほぼ確実に審査で落とされてしまうでしょう。

 

 

特に過払い金請求を行ったことが記載された場合は、5年間は情報が掲載され続けますので、その間はクレジットカードだけではなく、キャッシングの申込やローンの審査なども難しくなってしまいます。

 

 

5年間と書いたように、一生続くわけではありませんので、その期間は我慢するようにしてください。ちなみに、完済済みのケースで審査に落ちたのなら、個人信用情報を確認した方が良いかもしれません。

 

 

間違って事故情報が記載されてしまうケースもあるようなので、自分が審査に落ちた原因を確定させるためにも、個人信用情報機関に連絡してみると良いでしょう。本人なら自分のデータを確認できますし、仮に間違った情報が記載されていれば訂正することもできます。

 

 

完済済みで過払い金請求をしたのに何故か事故情報を訂正できないというケースもあります。これは先述した過払い金請求は、その会社のカードすべてに適用されるという点にあるかもしれません。

 

 

過払い金請求を行ったクレジットカードに関しては完済済みであっても、別のカードで残債が残っていることがあるからです。この場合、きちんと相殺になっていないと事故情報が記載されてしまうので、十分に注意してください。

 

 

クレジットカードに限った話ではなく、個人信用情報は大事なものです。住宅ローンなどを組むにしても、必ず調べられてしまいますので、もし事故情報が記載されていれば、きちんと訂正するようにしましょう。

 

 

 

基本的に過払い金請求において事故情報がついてしまうのはおかしな話です。もともと支払う必要がなかったお金を返してもらっただけのことですので、事故情報とするのも納得がいかない人が多いでしょう。

 

 

しかし、完済済みのケースでは事故情報がつかなくなっただけマシだというものです。もともとは完済済みでも事故情報が記載されていましたので、現在では過払い金請求も行いやすくなったと言えるでしょう。

 

 

ただし、過払い金請求には10年という時効があります。最後の支払いをした日から10年が経過してしまうと、過払い金がなかったことになりますので、心当たりがある人は早めに相談した方が良いでしょう。

 

 

 

過払い金返還問題を解決するならこの3社です。


東京スカイ法律事務所

 

 過払金診断実施中

・総額800万円ほどの過払い金回収実績あり
・法律相談10,000件の実績
・全国365日対応、分割払いOK


 東京スカイ法律事務所の詳細はこちら





おしなり法律事務所

 

 払い過ぎたお金・利息を取り返す!

・過払い金返還請求対応
・全国対応、取り立てSTOP、分割払いOK、秘密厳守

                                                       

おしなり法律事務所の詳細はこちら





樋口総合法律事務所

 

 あなたの借金問題は解決できます!

・過払い金返還請求の相談受付中
・借金の督促ストップ可能
・24時間365日受付/全国対応


 樋口総合法律事務所の詳細はこちら




過払い金返還問題を解決するなら
この3社を押さえておきましょう。



過払い金以外の借金問題を解決するならコチラ。



ふづき法律事務所

 

 あなたに合った返済計画を一緒に考えましょう!

・借金生活を早く終わらせたい方の「借金生活救済サイト」
・知らないと損する良くない返済パターンとは?

                                                       

ふづき法律事務所の詳細はこちら



債務整理など借金問題を解決するなら、必ず押さえておきましょう。