過払い金 債務整理

まずは気軽に匿名でシュミレーションしてみませんか?

最短1分!誰にも知られず匿名で
あなたにぴったりの解決方法を教えてくれる

借金問題の無料シミュレーターはコチラ

過払い請求と債務整理の都外について

過払い金請求を行おうとしている人なら、債務整理についても調べたことがあるでしょう。この時に過払い金請求と非常に似ているものが1つあったはずです。

 

 

それは債務整理の中でも任意整理という方法ですね。いずれもお金に困っている人にとってはメリットの大きなものなのですが、基本的にその性質は異なるものですので、違いについて理解しておく必要があります。

 

 

任意整理と過払い金請求をそれぞれ知っておこう

 

まず任意整理からどんなものかを考えていきましょう。任意整理とは上でも触れた通りに、債務整理の1つになります。

 

 

借金の返済が苦しくなってしまった時に行うのが債務整理であり、借金の額を減らす効果であったり、整理後の返済では金利が0%になるなどのメリットがある方法です。

 

 

任意整理を行った場合どうなるのかという話ですが、基本的には法律事務所に依頼をすることになります。

 

 

その後、法律事務所から受任通知というものを貸金業者に対して発行してくれるのですが、この受任通知が相手に届くとその時点で返済や取立てがストップし、一時的に返済を行わなくても良くなるのです。

 

 

 

 

任意整理の場合、過払い金請求と同様に利息制限法による引き直し計算ができるのなら行います。当然ですが、引き直し計算ができない、比較的に新しい契約であっても任意整理は行うことができるので覚えておきましょう。

 

 

引き直し計算があるケースで考えていきますと、取引履歴が貸金業者から届くと計算を行ってどのくらいの過払い金があるのかを算出します。その結果、過払い金があるのなら元金から差し引き、その上でどの程度なら返済できるのかを各金融機関と話し合いすることになるのが手順です。

 

 

ちなみに任意整理の場合であれば、複数の借入先があってもこの業者とこの業者というように整理する借金を選択できるのも特徴だと言えます。ですので、保証人がついている、担保が存在するなどの融資については、そのまま返済を行っていき、無担保保証人なしのローンについては整理するという方法も選択できるのです。

 

 

交渉がまとまれば和解という形になり、基本的には3年以内での完済を目指して圧縮された残債を返済していくことになります。この和解に納得できない場合は訴訟という形が取られることもあるので、覚えておきましょう。

 

 

では、対する過払い金請求について考えていきます。過払い金請求とは簡単に書いてしまうと、払い過ぎてしまったお金を返してもらうという方法のことです。

 

 

基本的に貸金業者の場合、利息の上限は利息上限法という法律に基づいて設定しなければいけませんでした。しかし、利息制限法には民法上の罰則しかなく有名無実となっていたのです。

 

 

そこでもう1つ出資法という法律があり、こちらは刑事罰が適用されるとあって、利息制限法以上、出資法以下という法律の網の目をつくような金利設定がされていました。これがグレーゾーン金利と呼ばれるものですね。

 

 

このグレーゾーン金利で契約をして、支払いをしていた人が過払い金の対象となります。過払い金の請求においては個人でもできますが、どちらかと言えば法律事務所に依頼をする人の方が多いでしょう。

 

 

その理由としては煩雑な手続きや計算をしなくても良いこと、最悪のケースでは訴訟に発展する可能性があることなどがあげられます。基本的に過払い金請求はグレーゾーン金利で支払っていた返済を、利息制限法内の金利に置き換えて計算をし直し、算出するという形です。

 

 

この差額分の算出ができれば、過払い金請求の告知書を相手の貸金業者に送付することになります。その後は話し合いをしてどの程度回収できるのかということが決まってくるのです。

 

 

この時に訴訟を起こすことで、多くの場合は満額近い回答を得ることができるでしょう。基本的に交渉のみですと良くて5割から7割程度だと考えてください。

 

 

過払い金請求と任意整理の違いについて知っておこう

 

まず両者の大きな違いとしては、個人信用情報に事故情報が記載されるかどうかです。任意整理を行った場合ですと、100パーセント個人信用情報に事故情報として、記載されてしまいます。

 

 

 

 

事故情報が記載されると、その間は新しく融資を受けたり、クレジットカードの発行などができなくなるデメリットがあるので覚えておいてください。一方の過払い金請求の場合は基本的に完済した時に行うものであり、完済している場合なら個人信用情報に傷がつくことはないでしょう。

 

 

しかし、残債が残っているケースでは任意整理を行ったとみなされてしまって、事故情報がついてしまうので、完済か残債ありかで大きく変わってきます。また、当然の話なのですが過払い金請求ができるのは、グレーゾーン金利での契約があった人に限られるので注意しておいてください。

 

 

利息制限法内の金利で契約している人では過払い金は発生しません。ちなみにですが、過払い金請求には時効も存在しています。

 

 

これは民法上の時効が10年というものが根拠となっており、最後に取引をしてから10年が経過すると請求できなくなるのです。任意整理であれば、そうしたことに関係なく行うことができます。

過払い金返還問題を解決するならこの2社です。


竹下司法書士事務所

 

 借金問題の無料シュミレーター

全国対応、入力1分で診断開始!
・あなたに合った解決方法を匿名でシュミレーション

 竹下司法書士事務所






岡田法律事務所

 

 1人で悩まず一緒に解決しましょう!

債務整理の身近な窓口
・145万円の高額過払い金返還実績アリ

                                                       

岡田法律事務所




過払い金返還問題を解決するなら
この2社に必ず登録しておきましょう。